神戸市東灘区で圧倒的な施術実績「おおみち腰痛専門整体院」

 

本日もブログの訪問ありがとうございます。

このブログは患者さんにとって知って欲しい情報や何かの手がかりになって頂ければと真剣に考えて作成しております。一つでも何かのヒントやお悩み解決につながれば幸いです。

本日は

コルセットの正しい知識

このブログは以下の事についての情報を記載しております。

気になる所から見て頂いても結構ですし、最初から順番に読んで頂くと理解が深まり貴方にとって貴重な情報源として体の理解を深める事でしょう。

① コルセットはつけたほうがいいのか?

② つけ続けるとどうなるか?

③ 寝たきりになりたくなかったらこの症状の時にコルセットをつけないように!

④ 出産後のトコちゃんベルトで良くなった人はほとんどいない。

以上がこのブログでの情報になります。このブログでは今までの常識が実は違っていたり間違った行動によって体を壊している事にも気がつく事ができます。正しいコルセットの使い方がわかると思います。

①コルセットはつけたほうがいいのか?

コルセットとと言えば皆さんはどのような形を思い浮かべれるでしょうか?

イカツイのから幅が広く、ゴムで腰を巻くものから幅広く多様的かつ種類も豊富にあります。

 

simt02000250_0200025012486947800

 

ここで意外とコルセットを詳しく紹介しているサイトがないのと知識を有している先生や治療家の方が実は少ないです。

腰痛になったらコルセットをする。。。

いつの間にかそのような流れになってきてますね。酷い所では腰が痛いんですがと言ってコルセットをつけておきなさいと説明なく指示されたみたいですね。

皆さんにはきちんとした知識を持って頂きたいと思い今回はブログの話をコルセットにさせて頂きました。

では実際つけたらどのように体に影響が起きてくるのか説明していきますね。

まず巷にある一般的なコルセットですね。幅は細めで普通に巻くタイプです。

一見巻くと腰が安定して楽になったように感じてしまいます。ですがこの時に歩行動作の観点から致命的な現象が起こっております。

ここで少し歩行動作時に骨盤はどう動いてるかを知って頂きたい。

下に骨盤と足首の連動動作の動画をあげて起きますので少し見ていただければと思います。

 

この動画を見て頂き骨盤と足首の運動が連動して動かなければきちんとした歩行動作ができなくなってしまいます。歩行時には必ず骨盤が回転運動を行い足首はバタバタと上下に動かなければ歩行としておかしい事になってしまいます。

いわゆる足首と骨盤がどちらかに動きの制限がかかると下半身の運動エネルギーの処理ができなくなって以下の部分がかなりの確率で壊れていきます。

骨盤、膝、足首、腰

この箇所が壊れてしまいます。もうお気づきかもしれませんが、足首か骨盤がロックすると大抵、膝が壊れます。

ですので実は膝を治すのもこの骨盤か足首のロック現象を解除してあげると膝を治すのに難しくはない事も知って頂ければ幸いです。

さらにここでコルセットはどちらかと言うとこの骨盤のロック現象を具体的に体現させてしまう事になります。

では長時間つけてしまうと膝への影響も出てしまう事も頭に入れて頂けると幸いです。

しかし逆に使った場合が事も知って頂きたい

使うときは骨盤骨折など骨盤自体に運動エネルギーを使わせたくない場合に使用するのが好ましいでしょう。それ以外はほとんど使用しなくていいと見てもらっても良いです。

②コルセットをつけ続けるとどうなるか?

では次にコルセットをつけ続けるとどうなるかをご説明して行きますね。

ここで一つ以下のような症状がある場合は骨盤と足首のロック現象があるかもしれません。

長く歩行をしたら腰がだるくなる。痛くなる。

足首がほとんど上がらない。

ほとんど一日中座ってる。

ほとんど歩かない

一日中コルセットをつけてる。寝るとき以外

前かがみにほとんど倒せない

よくギックリ腰をしてしまう。

上記の事が当てはまるなら一度専門の医療機関にご相談していただいたら比較的にすぐ治ると思います。当院でもご相談できますので何かあればご質問くださいね。

よく見かけるのは寝るとき以外まで付けて外すと怖いからずっと付けっ放しの方がたまにいます。

この方は骨盤のロック現象が長い間続いてるので、足の非荷重にかかってる可能性がございます。非荷重症とは骨盤自体が何らかの原因で荷重をかけれなくなってしまった状況を指します。

それが長い間続くと非荷重症が続き正常な歩行が崩れていく事になっていくんですね。

この骨盤の動きを意図的に止めてしまうことを実は日常的にかなりの人が行なって行ってしまう状況です。

歩行自体が正確にできてるできてないなどを正しく測ることはしてくれるところが少ないのです。

なぜなら専門でやられている所は未だ少ないのが現状です。更に深い知識の勉強が必要で1年2年で習えるものではないのがその原因だと思われます。

まずは難しいかもしれませんが本当に必死に日夜勉強をされている先生や治療家を探されることをお勧めいたします。

③この症状の時にコルセットをつけると寝たきりになりやすくなる。

まずは何でもかんでもコルセットをつけて治すという発想は少し考え直していただければと思います。

なぜコルセットをつけると寝たきりになるかという過激な題名なのですが、あながちウソでもありません。

bedridden-old-man-patient-thumbnail

よく見かける重度の側湾症や圧迫骨折などはやたらものすごいコルセットを装着させられていますよね。

img1

そして意外と多いのがそのまま装着させられ続けるケースが非常に多く見うけられます。

実はこれほとんどの人が下のように歩行がおかしくなっているケースが多いです。

私の患者さんにも写真のような姿勢で入ってこられ歩行自体がままならなくなってこられた人が多数おられます。

 

susume_img02

これは人間本来が持つ歩行機能や体幹の動きが無くなり人本来の歩行からかなり遠ざかってきます。

いわゆる体を守るつもりが徐々に体の自由度を奪って行っています。そこで長時間つけられている方のほとんが最初に比べて息苦しくなったり体の形が変わってしまい合わなくなってきているのにずっとつけたままなので痛くなったきたりと色々起こってきます。

それでも不安だからつけてしまう。わからないと確かに不安になりますからね。

私も分からない事をどうしたらいいのか困ってしまいます。ただ正しい知識ややり方を知っている人に聞ければさほど問題はないんですね。

その専門分野で勉強されている方を見つければいいだけなんです。

腰椎疾患形だけでも本当に様々なんでよく勉強されている方は意外と数が少ないのも現状ですね。

では何故側湾症が生まれるのか側湾症自体が実は歩行に大きく関わって行きます。

曲がってる場所が原因ではなくその土台基礎構造体(骨盤)が大きく関わってきます。

何故曲がっていくのか、、、、

みなさん建物で土台がゆるゆるなの想像してください。

上階の構造はどうなると思いますか?

傾きますよね?

22498-akmbfQ1EhzTwfpAHpD2k_src

それがそのままの状態になると体はその体勢で保持しようと働くので体が時間をかけて曲がって行きます。

そこで考えていただきたいのですが、その曲がった場所を無理矢理まっすぐにしても元に戻ると思いますか?むしろ曲がろうとしているところに無理矢理元の状態に戻そうとした時に体の本来ある動きを大きく逸脱してしまい長い期間をかけて歩行自体を壊して行き最終的に歩くのも大変になってくるんですね。

ではどこを見ればいいのか、、、

それはまず土台となる骨盤関節になることは何と無く想像していただけましたでしょうか?

骨盤の目的は

①人、本来の歩行を作るのに絶対に必要な部分

②骨盤の能力で上部の構造を変える影響がかなりを占める。(猫背や反り腰を直すのは実は簡単)

③体の間接の形状変化をしている原因はほとんどが骨盤が関与している。

56e5122b

ここで最初に戻りますが骨盤本来の動きを封じたり阻害したりすると何が起こるか?

 

 

歩行機能の消失につながります!

そうです。寝たきりになるメカニズムを自ら作って行ってます。

 

ですのでまず骨盤機能の正常化、能力を上げることをまず第一に考えそしてその運動構造体(上半身)を正しいポジションに持たなければいけない事を知っていただければ幸いです。

 

④ 出産後のトコちゃんベルトで良くなった人はほとんどいない。

ご出産された方なら一度は耳に聞いたり買ったことがあるのではないでしょうか?

トコちゃんベルト中々に可愛いネーミングセンスですね。

41Sa01B2s-L._SX425_

しかしこれの効能や意味は実はほとんどない事が知られていますね。

いわゆる骨盤を締め上げるだけの生理的な働きを止めてしまう事にあります。

上記でもあげましたが骨盤は回転しながらクランク運動をするのですが、トコちゃんベルトではそれが妨げられます。しかし一度出産された骨盤は一度離開し定着できてない事になりますので、それもまた生理的ではなくなってしまう。

 

ではどうするのか?207cca633a27ed592204d6ae268073de-300x194

 

答えは簡単です。

 

骨盤が生理的に動かせなおかつ元の状態に戻れる生理的(人間が本来動く動作)ポジションに収めてあげればいいんです。

では一体どうすればいいのか?一つのアイテムを使って行きます。

その使うアイテムは名前はよく聞くが普段使いにはあまり使わないものになります。

それはサラシになります。

 

o0800060013659412640

 

え?って思われた方が多いかと思います。

ですがこのサラシは非常に能力が高く骨盤のロック現象を作らない上に骨盤のポジションを整える役割があります。

トコちゃんベルトは実はこの骨盤のロック現象を生んでしまい。予後に腰痛を慢性化させてしまう恐れがある事を知っていただければ幸いです。

ベルトの固定以外でもロック現象を作ってしまう事象を紹介したいと思います。

以下のことが思い当たるなら骨盤のロック現象が高い可能性があります。

歩かない

デスクワークがほとんど

エレベーターによく乗る

車や自転車やバイクなどの移動がメイン

飛行機によく乗る。

寝たきりになってる。

コルセットを寝るとき以外付けっ放し。

出産後適切な処置をせずに骨盤が壊れた状態(予後が腰痛が残ってしまった)

以上が代表的な所になります。

これらが多く重なる場合は気をつけられたほうがいいでしょう。

出産後に腰が痛くなってる場合は骨盤のクランク運動が少しおかしくなっている場合がありますので少し治療したほうがいいかもしれません。

専門の医療機関で調べていただければ早期でしたらそんなに重篤化しないでしょう。

しかしほったらかしにすると徐々に歩行や姿勢が変わって行き少しずつ腰や股関節、膝に違和感を感じ始めますので早く調べた方が早く治る事でしょう。

お近くに専門の医療機関がなければ当院でも調べる事ができますのでご相談ください。

本日も最後までブログを見ていただき本当にありがとうございました。

少しでも患者さんに必要なヒントや情報を届けたいと思っております。

患者さんが必要な事をしっかり届けたいといつも考えておりますので、また訪問していただければ幸いです。

神戸市東灘区深江本町3丁目8−14ー2F   阪神電車深江駅徒歩1分

おおみち腰痛専門整体院

078−855−6454

お体の情報や症状相談もLINE@で受け付けております。よろしければ登録お願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

神戸市東灘区で圧倒的な施術実績「おおみち腰痛専門整体院」 PAGETOP